« あれっ?(07/10/15) | トップページ | 新しい『お古』(07/10/17) »

裏にある物、後ろにある物(07/10/16)

昨日、クローバーちゃんのママから素敵な贈り物いただきました♪

それは、

Dsc05842

これ♪

実は今年の夏の甲子園、佐賀北高校が優勝した時、うちで取っている新聞のコラムに、

「佐賀北高校野球部の部室に【山本よしき】さん詩『ピンチの裏側』が飾ってある」

との話が載っていたんです。

調べてみると、とっても素敵な詩でした。

【ピンチの裏側】

神様は決してピンチだけをお与えにならない

ピンチの裏側に必ずピンチと同じ大きさのチャンスを用意して下さっている。

[以下省略]

『50億分の1の奇跡』より抜粋

おおっっっ。

いいなぁ。

この詩。

欲しいなぁ。

この詩集……。

とそんなことをクローバーちゃんママにふと漏らしたんです。

そしたら、クローバーちゃんママ覚えて下さっていて、ご自分のを購入した際、私の分まで購入して下さって

「プレゼントよ~♪」

と渡してくれました。

クローバーちゃんママ、

いい人だぁっっっっ(感涙)

スライム9%、『遠慮』という言葉知らないので、

「わ~い♪わ~い♪ありがとうっっ!!」

と頂いてきちゃいました。

早速、【ピンチの裏側】じっくり鑑賞。

やっぱり、何度読んでもいい詩だぁ。

特にこれから育っていくタミィには、心のどこかに飾っておいて欲しい。

そう、生きていく上では必ずピンチがある。

でもそれと同等のチャンスが用意されていると思えれば、諦めないで最後まで頑張れる。

影は光があってこそ出来る物。

濃い影が出来た時、後ろをふりかえれば、まばゆい光が必ずある。

表裏一体だから。

他にも素敵な詩がたくさんありました。

スライム9%『鮎』って詩も好きです♪

[山本よしき]さんってどんな方なのかなぁ。

いろいろ調べてみると、どうも福岡の方らしい。

私、福岡って行ったこと無いんです。

どんなところなんだろう……。

一度行ってみたいなぁ。

そんな、こんなを、秋の夜長に考えておりますぅ。

芸術の秋でっす。

今日は珍しく、詩を鑑賞しつつ、哲学しているスライム9%なのでした。

Banner_04_4 ←よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズ細工へ←こちらもクリックお願いします。

|

« あれっ?(07/10/15) | トップページ | 新しい『お古』(07/10/17) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 山本よしきさん?
初めて聞きました。
いいですね~
私もスランプに負けずにガンバロ~

 福岡には行ったことありますよ~
とんこつラーメン食べてきました(笑)
あと、辛子明太子!
 
 

投稿: みずたまりこ | 2007年10月16日 (火) 22時41分

みずたまりこさんへ

ワタクシ、大概哲学する時は、どこか何かがスランプなんですよぉ。
みずたさん、スランプなんですか?
なんとか抜けたいですねぇ。

いいなぁ、福岡上陸経験有りなんだぁ。
スライム9%、明太大好きっっ。
おにぎり買う時は絶対明太子♪
明太子あれば他のおかず要りませんっ。
お酒のアテも明太子~(笑)
とんこつラーメンも本場でたべた~い。

投稿: スライム9% みずたまりこさんへ | 2007年10月17日 (水) 07時11分

素敵な詩ですねっ☆
『ピンチの裏側に必ずピンチと同じ大きさのチャンスを用意して下さっている』
このフレーズとっても気に入りましたっ♪
辛い事があった時にこう言ってもらえると、
何だか勇気付けられますね!

福岡は私も言った事ないのですが、
やっぱり辛子明太子ですかねぇ!?

投稿: GENKO | 2007年10月17日 (水) 11時41分

「神様は決してピンチだけをお与えにならない。
ピンチの裏側に必ずピンチと同じ大きさのチャンスを用意して下さっている。」
信じたいです!!この言葉!! 泣きそうです~
教えて下さってありがとうございますm(__)m m(__)m m(__)m

投稿: buku | 2007年10月17日 (水) 15時14分

GENKOさんへ

ピンチの時って、どうしても下を向いてしまうんです。
でも「必ず同等のチャンスがある」という言葉を思い出すと、もう少しだけ頑張ってみよう!!と顔を上げられるような気がします。
ピンチの時に毅然として顔を上げられる。
そんな人間になりたいなぁ。

GENKOさんはまだ行かれたこと無いんですねぇ。
行きたいですねぇ。
明太子の他にも美味しいものいっぱいありそう♪
『山本よしき』さんのギャラリーものぞいてみたいですぅ。

投稿: スライム9% GENKOさんへ | 2007年10月17日 (水) 16時39分

bukuさんへ

きっとその通りなんだと私は思っているんですよ~。
だって信じてベストを尽くした佐賀北校の野球部は、みごと栄冠を手に入れたんですもの。
でもね、ピンチの時に、「これはチャンスだ」と踏ん張るのはなかなか大変です…。
私、ツライととことん落ち込みますから。
自分が一番かわいそうなんだってね。
爽やかにほほえんで、踏ん張れる強さを手に入れたいなぁ。
スライム9%、まだまだ修行が必要です。

投稿: スライム9% bukuさんへ | 2007年10月17日 (水) 16時52分

スライム9%さん、

素晴らしい詩の紹介ありがとう。

以前 番組でも見てメモしたいと

思ってました。

感謝。

応援ポチ。

投稿: 店長 天然石の言葉で人生上々 | 2007年10月17日 (水) 20時08分

店長さんへ

いつもありがとうございますぅm(__)m

元々高校野球ファンで、春夏は燃えたぎって観戦。
今年は、佐賀北高校がまさにピンチをチャンスに替えて栄光をつかんだ姿にとても感動しました。
そして、その裏にこんな詩の存在があったなんて…。
いろんな意味で感動した今夏の甲子園でした。

投稿: スライム9% 店長さんへ | 2007年10月17日 (水) 22時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あれっ?(07/10/15) | トップページ | 新しい『お古』(07/10/17) »